Pythonの統合開発環境「Canopy」を導入してみました。matplotlib,scipy,numpy,pandas辺りを即座に使えてめちゃくちゃ便利。

matplotlibの導入にハマったので。

matplotlibを導入しようと思ったのですが、homebrewで導入しようと試みるもどうもうまくいかなかったのでCanopyという統合開発環境を導入することで急場を凌ぎました。

導入方法はとっても簡単で、以下のURLに飛んで自分の環境に合ったバージョンをダウンロード&インストールするだけ。

https://www.enthought.com/downloads/

中には以下のライブラリが入っているみたいです。依存関係とか気にせずに即座にこれらのライブラリを利用出来るのは嬉しいですね。mtplotlib,numpy,scipy,pandas辺りがまとめて導入出来て非常に助かりました。有料版だと利用出来るライブラリが増えるみたいです。

https://www.enthought.com/products/canopy/package-index/

 

matplotlibに関して言うと、その他の導入方法としてanaconda(https://store.continuum.io/cshop/anaconda/)を使うと簡単に導入出来ちゃうらしいです。環境構築は割と闇なのでこういうのがあると助かりますね。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中